幼児・園児対象 (幼稚園・保育園・育児サークルなど)

 

体操教室

    楽しく体を動かしながら、運動能力を向上させることを目的にしています。主にマット運動を中心とした指導を行います。前転や後転など、何度も根気よく練習する根気強さ、出来たときの喜び、時には何度繰り返してできない悔しさなども、子供たちの心と体には大切なエッセンスだと思います。運動を楽しみながら、子供たちの心と体をサポートしていきます。

ミニハードル、ラダーを使った敏捷性トレーニング+ボール遊び

子供の頃に発達のピークをむかえる運動神経、そして大人になっても必要となるバランス感覚を身に付けます。ミニハードル、はしご状のラダーという器具を使用した敏捷性トレーニングに、やわらかいボールを使った遊びをプラスした教室です。動くセンスを養い、運動能力のトータル的な向上を目指していきます。

 

【敏捷性トレーニング】

人間の基本的動作には、走る・跳ぶ・投げる・捕る体幹の直立(安定)などがあります。これらの動作は7歳ころまでに習得し、特異的な動作の段階(スポーツなどの動き)に移っていきます。本来なら運動神経は、野山を駆け回り、転び、跳ぶ中で発達するものですが、現代社会においてそれは容易なことではありません。私どもが推奨する敏捷性トレーニング(SAQトレーニングともいいます)は、敏捷性やバランス感覚を養うことが可能です。

【敏捷性の中で、目標としている動き】

速く走る(スピード) ランニングフォームを身に付ける。筋力をつける。
速くターンする、切り返す (アジリティ)バランス能力を高め、安定した姿勢を作る。
素早い動きをする (クイックネス)反応して機敏な動きをするなど。

 

【子供の遊びの現状】

運動に対する科学や技術が進歩している一方、子供の体力低下は深刻なものとなっていることは知られています。しかし、それを理解していながらも昔から変わらない体育指導方法行っている幼児の環境がほとんどであるのが実状のようです。

 

【トレーニング内容】

「ラダー」「ミニハードル」「アジリティイ・ディスク」などのトレーニング用具を使用し、楽しみながら身体能力を伸ばしていく。ランニングでは、人間の基本動作である「走る」ことを中心に指導をしています。 集中力・体力の向上に役立つ体育ローテーションの種目にトレーニングを組み込み、日常化させています。

 


幼児・園児対象

関連リンク

関連施設